モノの魅力を写真で伝える Instagram

インスタントに質の高い写真を共有することによる、伝える力として魅力が高い。高い感度の人にモノの価値を伝えるには、Instagram を一つのチャネルとして写真をフィードし続けることは、ブログよりもイメージを醸成するには重要なメディアになっている。

というよりも、いい写真だな、これって何だろう?と自分が思うことが多いし。好きなブランドは身に付ける感覚で写真を流せる状態にしておく。

ブランドを好きになってくれた人が、写真を身にまとうような感覚でフォローしてもらえるようなチャネルで自分たちでも今後考えていこう。

Rola はハリウッド進出あたりから写真クォリティが高くなっていってて、当たり前だけど目から入るインパクトは大きいので。ブランディング = 写真イメージって形で徹底的にインスタ活用して、がんばっているんだな。ってすごく感じる。

アイコン

持っていますよ、使っていますよ、という表現。Twitter よりも、Facebook よりも。Instagram で表現されると価値高く感じる。テレビや雑誌よりも。

Shooting for a new Puma campaign today👟 ウェアがとってもおしゃれだった😄✨ @puma

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

ブランド

ブランドのWebサイトよりも、雑誌で広告を載せるよりも。Instagram のフィードで色々な角度、高い鮮度でイメージを伝えられる。

Lightweight. Breathable. Tech Hypermesh. ⠀⠀⠀ ⠀ Available at nike.com/techpack and Nike stores. @geniebouchard #techpack #justdoit

Nike Sportswearさん(@nikesportswear)が投稿した動画 –

プロダクト

利用シーンを、色々な角度でフィードし続ける。ボディブローの様に、そのプロダクトの魅力や世界観が伝わってくる

Opportunity and temptation.

Beats By Dreさん(@beatsbydre)が投稿した写真 –

(Visited 85 times, 1 visits today)

投稿者: Kentaro Yamamoto

Founder of Nain Inc. 株式会社ネインの代表です。何かしナガラでも情報とツナガルことで、情報の流れを変え、時の流れを変えます。移動しながら、ニュース、天気、メッセージを聴き、返信できるスマートイヤフォン『APlay』を開発しています。