大変、ご無沙汰な更新になってしまいすみません…

ご無沙汰な間に、ネインでは遂にフルワイヤレスイヤホン ZEENY TWS を発売させていただきました!!
個人的に始めてフルワイヤレスを使っているのですが、最初は無くさないかな?落とさないかな?と不安な気持ちもあったのですが…いざ、生活を共にしてみると本当に便利ですね!!(笑)
1番便利なのはいちいち電源を入れたり、ペアリングをしたりしなくて済むところ!!
ケースから取り出せば勝手にペアリングされ、耳に装着して1回イヤホンをタップすれば音楽が再生されます。
ケースに戻せば勝手に充電されるので、いざ使いたいときに電池切れなんてことはなくなりました。
イヤホンを使っている間にケースを充電しておけば充電のストレスもなし!
音楽との距離が格段に近くなりました。

音楽との距離というと、時代はサブスクリプション(定額制)サービスですよね
Spotify・Apple Music・AWAやAmazon・Googleなども音楽のサブスクに参入してますます多様性が広がりそうですが、みなさんはどれか使っていますか?
毎週水曜日に日付が変わったら新曲がダウンロードできて、配信先行リリースや配信限定曲が当たり前。
椎名林檎・Mr.Children・宇多田ヒカル・BUMP OF CHICKENなどなど大物アーティストが過去作品含め全曲「サブスク解禁!!」というニュースにもなって日本でもどんどん定着してきています。
(追記)星野源さんPerfumeも全曲サブスク解禁となりました!!
定額で聴きたい放題…放題って最高ですよね(笑)

テレビやラジオ、街中などで気になった音楽があればすぐに検索してダウンロード。
音楽との距離は格段に近くなりました。
サブスクがまだここまで浸透する前は「音楽が消費される」「アルバムという概念がなくなる」などの懸念の声が聞かれた気もします。
でも、実際どうでしょう?サブスクでもアルバム単位でダウンロードして1枚の作品として楽しみますし、結局いい音楽は永遠リピートで聴き続けます。
実際はそこまで心配はいらなかったのではないかという個人的な感想です。


もちろん、ジャケット・歌詞カード・ショップの売り場のPOPなどなどCDという形にすることで、音楽以外の部分でその音楽をより理解でき全て含めて一つの作品として楽しむことはできると思います。
音楽の向こう側に人が見える気がしてそれはそれでとても大切な作品の一部だとも思います。だから、きっと日本ではまだCDは無くならないんだろうとも感じています。

1番気をつけて欲しいことは、「お金を払って音楽を聴く」ということです。
音楽を作るアーティストにお金が入らなければ私たちは音楽を聴けなくなってしまう。
それでは本末転倒なので、音楽を聴くときはちゃんとお金を払って楽しみましょう!

みなさんと音楽の距離を近くするのはZEENY TWSです!!
イヤホンで聴いて欲しい曲のプレイリストをSpotifyで作ってますので、ぜひ両耳にTWSを着けてご視聴ください!!
イヤホンで聴くとすごい曲
(Visited 130 times, 1 visits today)