すっかりビッカメ娘マニア(東京編)

APlayを店頭販売していただいているビックカメラさん!!(※取り扱いのない店舗もございます)
いつもありがとうございます!
取り扱っていただいている店舗さんに頻繁に足を運ぶようになったのですが、そこで出会ったのがビックカメラの擬人化キャラクター「ビッカメ娘」です!!
2015年の「水戸たん」誕生からスタートし、各店舗の土地柄などの特徴をビッカメ娘の性格やビジュアル、衣装に取り入れて個性的なキャラクターとして人気が出ています!
それを、調べたり気づいたりするのもまた楽しく、自分の推しのビッカメ娘を決めるのもまた楽しいのではないかと思います。
ということで、私たちが足を運んで出会ったビッカメ娘たちを少しご紹介したいと思います!

新宿

新宿西口たん

ショートカットで活発な性格。新宿の花・ツツジのアクセサリーとベレー帽が可愛いです!

ビックロたん

オッドアイが特徴で「〜ですわ」のお嬢様口調も可愛い!制服も他のビッカメ娘とは少し違います。

池袋

本店たん

ビックカメラ池袋本店のキャラクターということで、他の娘とは何か違うオーラを放っています。頭にフクロウが…

池西たん

池袋西口店のビッカメ娘。本店たんの妹、カメ館たんパソ館たんのお姉ちゃんでもあります。しっかり者に見えますよね!

 

カメ館たん

パソ館たん

双子?ですかね。本店たん・池西たんの妹です!つまり、四姉妹なのです!そういう設定もいいですよね!!カメ館たんはカメラ、パソ館たんはビルに似たスマホを首から下げています。
ピンクのリボンと癖っ毛がみんなお揃いだそう。

プロスタたん

ビック・プロスタジオ東京写真館のビッカメ娘。写真を撮ることとコスプレが好き。

フォトたん

ビックカメラBIC PHOTOのビッカメ娘。プロスたんの妹で、プロスたんの撮影した写真をプリントしてアルバムにするのが好き。

この2人も姉妹で、フィルム風のカチューシャがお揃いなのです!

カメ館たん〜フォトたんまでは専門店舗になりますのでAPlayは置いていないのですが、姉妹をコンプリートしたいがために足を運びました(笑)

有楽町

有楽町たん

区の鳥・白鳥のような羽が生えていてビッカメ娘の中でもひときわ神々しいです!本店たんと同じ袴のような制服を着ています。

調布

調布たん

調布市の花・サルスベリのモチーフを付けていて、映画が大好き!ビデオカメラを常に持っていて、髪はカチンコを意識しているそう…

立川

立川たん

少しでも身長を大きく見せるために大きな帽子を被っていて、横髪は立川の名産・ウドをイメージ、胸の花はコブシです!

聖蹟桜ヶ丘

せいせきたん

大きな桜の花びらが特徴で、ツイートに桜の花を咲かせるのが得意!

八王子

八王子たん

八”王子”ということで、王冠の髪飾りをしていて、制服のリボンも八王子の銀杏をモチーフにされています!

番外編

アキバたん

猫耳のようなヘッドドレスが特徴で、猫のニーハイもとっても萌え〜です!

秋葉原店も今の所APlayの取り扱いはございませんが、やっぱり電気街として有名な秋葉原にいるビッカメ娘は、コレクターとしてチェックしておかないと!と思いまして…

逆にビッカメ娘はいませんが、APlayを取り扱っていただいている都内の店舗は…
渋谷ハチ公口店
渋谷東口店
赤坂見附店
池袋アウトレット店
です!!

皆さんもビッカメ娘に会いに行ってみてはいかがですか?
ビッカメ娘の皆さんは大体店頭の入り口、1番目立つところにいらっしゃいますよ!
もちろんAPlayもチェックしてくださいね!!
地方編も紹介予定ですのでお楽しみに!

2月はAPlayが大活躍します!!

お久しぶりになってしまいましたが…2月はAPlayが大活躍する予定がたくさんあるのでご紹介させていただきます!!

冬季オリンピック(平昌)

いよいよ2月9日から韓国・平昌で開幕する冬季オリンピック!!
フィギュアスケート・スキージャンプ・スノーボード・カーリング…などなど日本もメダルを期待される注目競技が目白押しです。
ずっとテレビの前にいて応援したいけどそうもいかないし、大好きな競技の結果をすぐに知りたいッ…そういう方にオススメなアプリがあります!
以前のWBC開催時にブログ(※WBC速報を聞く!!)でご紹介している、スポーツナビ(略してスポナビ)です!

APlayを接続して通知をONにしておけば速報がどんどん耳から入ってきます!!
その他にも自分の好きな種目も選べたり、ニュースやコラムの充実しているアプリなのでぜひ使ってみてください!!

オリンピック以外にも2月はなんと、スポーツ関連の日が多いのです。
2月19日は「プロレスの日」
2月24日はオリンピックの種目でもある「クロスカントリーの日」
2月25日は「東京マラソン2018」開催
2月26日は「脱出の日」、2月28日は「バカヤローの日」
などなど寒い中、体を動かしていこうぜ!という日が多いのです。

バレンタインデー

2月14日!!以前のブログにも書きましたが(※チョコをあげるのは日本だけ!?大切な人への贈り物にAPlayはいかがですか?)本命の人には、バレンタインデーにチョコ以外のものをプレゼントするのはいかがですか?
イヤホンはいくらあっても迷惑にはならないし、これを気にふたりでBluetoothイヤホンに挑戦してみるのもいいかも♡

 

まだまだ寒いッ…

東京・関東でも雪が降ったり、全国的にまだまだ耐えられない寒さが続いていますよね
寒い外でスマホをいじるのは指先が冷たくなるし、濡れたりして億劫になります。
そんな悩みをを解消してくれるのがAPlay!
音楽、SNS、LINE、電話、読書などなどがスマホを取り出さなくてもできちゃいます!
※手が冷たい冬!APlayがあれば、気温が氷点下でも歩きスマホが快適に!
こたつで丸くならずに、外に出かけましょう!!

だけどやっぱり寒いッ!!!!


寒い!!家から出たくない!!(笑)
そういう人は家の中でAPlayを使いましょう!
スマホとつないだりパソコンとつないだりして、音楽、SNS、LINE、電話、読書などなど…
「ながら」で掃除洗濯料理などの家事もできちゃいます。
※主婦の皆さんにこそ使っていただきたい!
イヤホンは外だけで使うものじゃない!

ちなみに、今日2月2日はツインテールの日!!
可愛い髪型もBluetoothイヤホンは崩しません

NA2向け音質調整作業中

ヒアラブルは音のウェアラブル、音に妥協しない

こんにちは、山本です。今新製品開発の追い込みに入っています。

NA2は形状はイヤフォンですが、概念としてはヒアラブル = ウェアラブルの一つとして開発しています。ウェアラブルとして求められる通知機能は重要ですが、ヒアラブルである以上聴覚の製品であり、音の品質も同様に重要です。

その一環として、年末から音質調整作業を進めています。イヤフォン製品で最も大事な部分であり、難しい作業であり、楽しい作業でもあります。

NA2もNA1もQualcomm社のCSRシリーズのチップを使っていますが、2016年の夏頃(もう1年半前)にはその音質調整にもなれていなかったので、深セン工場のサウンドエンジニアが調整し、それを試聴する、ということを繰り返して音を作り込んでいました。ただ、何度も繰り返し追い込むのには、ある程度時間的な妥協が必要になります。

NA2は自社でソフトウェアを作り込んでおり、大分慣れて自分たちで作り込んでいっているので、やっと自分たちで好きなようにいじれるようになりました。NA2は完全サウンドチューニングは、日本で時間をかけ、自分たちですべて行っています。

調整プロセス

本格的にやるには

  1. リファレンス楽曲をピックアップ
  2. エンジニアが音質調整
  3. 無響室でホワイトノイズを再生して、周波数特性に異常がないかを確認
  4. ポテンシャルユーザーに聴いてもらって、意見を聞く

といった流れを繰り返していくのですが、自分たちの好み、どう調整されるべきか、という把握するために。会社のメンバー全員で2の作業を進めています。

その中で、一旦極端に振ってみようと考えて、思い思いにチューニングしてみました。。

とりあえず遊んでみる

好きな音楽でEQ調整

あまりにメンバーそれぞれ好きな音楽の方向性が違うので、好みの曲が、好みの音で聴けるか、という観点でチューニング。。

客観的に聴いて、商品化はできないな、とは思っているものを紹介。それぞれ個性が出てくるので非常に面白い。

熊谷

山本が聴いた感想としては、ロックな印象で。元々NA2のドライバーは10mmで音圧が結構あります。きちんと耳に密着すると、低音量が出てくるので、その量を抑えつつエッジを立てることで、ヌケ感を出している感じ。低音が無いわけではなく、Fenderのギター的な音かも。

何を聴いてチューニングしたのかは聞いてないですが。スピッツとか、欅坂とかではないかな?

片瀬

ボカロで聴きたい音に合わせてチューニング。これはかなり個性的な音。でも悪いわけではなく、聴きたい音がこれだ、という意図がすごいはっきりしている。チューニング的には鳴りがよいマーシャル的というか、もこっとしているが、ちゃんと抜ける、という面白いチューニングでした。

山本

すごい極端なチューニングに見えますが、自分はカナルでも耳を埋めずに使ったり、比較的小さな音量で聴くことが多いので。そのときにはっきりリズムや音楽の特性が聴ける、ボリュームを上げるとガツンと来る、というところを意識したチューニング。特にこだわったのがベースラインで、ベースラインの粒、乗りがはっきり聴ける、その上で繊細な余韻の空間が拡がる、というのを意識したものです。

製品版のEQは、全然違うセットアップになってますね。

サウンドポート

それぞれの製品で、それぞれの調整が必要になってきますが、今回調整に難航しているのがサウンドポート。これは金型にも影響してくるため、一度決めると簡単に変えられないという厄介な部分。

ただ、そのサウンドポートが余韻や、空気感、音圧感に大きく影響してくる。

今回採用している10mmのサウンドドライバーは口径が大きく、6mmに比べてふくよかさの余裕感があり、うまく調整していきたいと思っているのですが。その分空気を大きく動かすので、サウンドポートの余裕がないと鼓膜への負担が強くなり、抜けが弱いと自塞感が出てしまう。

現在当初設計したサウンドポートをベースにEQ調整を進めていますが、サウンドポート、イヤフォン部の調整をしていて改めて思ったのは、オフィスに高精度な3Dプリンターを設備投資しないとなと。もちろん、素材などで音はどんどん変わっていくのですが、つけ心地や鼓膜への負担感、ヌケ感等の確認はやっていけるはずなので。

基板、部材、3Dプリンターをもっと効率的に作れる環境があれば、もっといいものをもっと早く作れるはず。。丁寧さ、粘り強さをさらに高速にする、ということはグローバルで競争する中での日本人としての競争優位性になると思っているので。資本と環境がいれば、実行できるメンバーは揃っているので、世界で最も最高のプロトタイプを早くできる環境がある会社にしたい。

音質チェック

音の調整は、いくつかリファレンスを決めて進めていくことになります。NA2の大きな特徴が音声による通知になるため、音の調整として最も大事なものは音声合成の再生品質になります。

1. 音声合成でのチェック

ネインの製品で採用している日本語の音声合成は、HOYA社のVoiceText Risaになります。VoiceTextの中でも音声ガイダンスとして聞き取りやすいため、そのまま使っています。他の製品や音声ガイダンスで同じ声を聞く機会があるかもしれません。

基本的には、音声合成がきちんと聞き取れるか、というベースラインは音質調整で抑えていきます。

2. リファレンス曲でのチェック

チューニングする際に、音の鳴りを一つ一つ確認していくためのリファレンス。この製品で鳴らしたい音の方向性を決めるというよりも、音の調整、音を鳴らす商品として成立しているかのチェックに使っています。

いろんな視点で曲を選んでいきますが、それぞれチェックしたい目的が違います。音をチェックするときは、音を鳴らす品質のチェックと、音楽としての感情的なチェック、音を聴きたいリスナーとしてのチェックの3段階があります。

音を鳴らす品質は、純粋に必要な音が鳴っているかどうか。できるだけ感情を消して音の鳴りに集中します。この作業は製品品質として問題がないか、という確認になりますし、狙っている商品像、音質を確認する根幹の作業になります。

音楽としてのチェックは、音が鳴っている上で、普段自分が感動を覚える曲が、改めてその感動を蘇らせてくれるか。感動しないと、何か鳴っていなかったり、他のイヤフォンの鳴り方の方がいいということになるので、違いを確認した上で、修正していきます。その際に他社のイヤフォンをリファレンスにし、比較調整も行っていきます。オンキョーパイオニア社、SONY社、オーディオテクニカ社、ZERO AUDIO社、final、Beats、Apple等など。開発しているのはヒアラブルですが、イヤフォンとして狙っている値段感で、他社に負けない音作りも意識しています。

リスナーとしてのチェックは、自分たちの感覚が、ユーザーが求める感覚とずれていないか。という確認になります。音が好きが故にこだわってしまうと、モニターヘッドフォン、DJヘッドフォン、HiFiリスナー向けヘッドフォン、フラット再生を目指したヘッドフォンなど、音のプロフェッショナルに近い音作りだと、一般人には物足りなかったり、変な音に聴こえてしまうため、感覚のずれがないように調整していきます。

全体的な鳴りのバランス感

重低音の粒立ちや鳴り

ボーカルの響き

ライブな余韻

デッドな余韻

重低音の鳴り

ベースの鳴りとノリ

ベースの鳴り、ライブな響きのバランス

聴きたい音が鳴っているかの確認へ

NA2のメインのターゲットユーザーは10代〜20代。でも、製品を開発しているのは20代~40代。30代を超えてくると耳も衰えてくるので、フレッシュな耳で、鳴ってほしい音が鳴っているか。聴きたい音が鳴っているか、という観点での評価が必要になってきます。

10~20代といっても、聴きたい音は様々になります。これからやりたい作業として考えているのは、音を表現するアーティスト及びそこに準ずる方々と詰めていく、というものです。

ある程度の方向性を技術的に作って、その上で最終調整を進めていくことで、新しい個性を作っていく、という作業を繰り返し進めていきます。

音のプロによる信頼されたチューニング、というのももちろんあると思いますが、ネインとしては、アプリの仕様同様に、ユーザーとのコミュニケーションによって詰めていきます。

戌年ってどんな年?

あけましておめでとうございます!!

年が明けまして、今年は2018年・平成30年・戌年です!!

愛犬家の皆さんにはほっとけない年なのではないでしょうか?(笑)

戌年とはどういう年なのか皆さんご存知ですか?

私は子どもの頃に紙芝居で見た十二支の由来の物語を思い出します。
神様が動物を集めてレースをさせ、ゴールした順番で十二支は決まったというお話です。

足の速そうな犬がなぜ、12匹中11位にいるのか?
それは、まっすぐに突き進んでしまい道を間違えたイノシシを追いかけて正しい道を教えてあげたのが犬だからだとその紙芝居では教えられました。
犬は忠誠心が強く、勤勉で社会性があるとされています。
人間との付き合いも古く、親しみやすい動物でもありますよね。
また、犬はお産が軽く多産なので安産の動物としても知られているようです。昨年の酉年は「商売繁盛」でしたが、その次の戌年は「結実」の年とされているようです。

商売繁盛させてきたことが実を結び、収穫できる時期ということです。
収穫したらまた新たな種をまく。次へのステップアップの準備期間とも位置付けられているようです。
これまで続けてきた努力が報われ、形になる年なんて嬉しいですよね。あとは、申・酉・戌で桃太郎のお供が揃い、いよいよ鬼退治に出かけられるぞ!
ということで新しいことへ向かう感じもなんだかワクワクしてきます。
ネインも戌年にあやかって実を結ぶ年にさせられるよう頑張っていきたいと思います!

そして、新しいことへの挑戦の年!
まだまだやれること、新しい可能性があるはず!

今年もどうぞよろしくお願い致します!!

Boosterクラウドファンディング開発状況 2017/12/29

Boosterイヤフォンプロジェクト で実施したプロジェクトについて、完成した商品お届けの時期が遅れておりご心配をおかけしております。なんとかお届けの目処が最終的に立ったため、改めてご連絡させていただきます。

スケジュールについて

1月最終週より順次発送いたします。

1月の最終週(29日前後〜)以降、支援者様にお届けするための生産を進め、順次発送を行います。海外で生産した後、日本への輸送、国内発送を行います。

詳細スケジュール

  1. 1月お正月空けに、最後の試験生産
  2. 最終試験、パーツ量産
  3. 1月最終週から生産〜お届け

これまで何度か試作を繰り返しましたが、各所品質的な問題点を潰すためにこれまで合計10回以上作っては、直しを繰り返して参りました。

今回12月の生産を目指しましたが、下記生産に向けた調達にハードルがあり、時期がギリギリ1月に収まったという状況になっております。

  1. ネックバンドの品質が安定せず、サプライヤー変更、再度サンプル作り直し
  2. マイク部品が一部デッドストック、在庫を持っているサプライヤーから別途調達
  3. シャンパンゴールドの品質が安定せず、サプライヤー変更
  4. パッケージ収納部分での品質問題、修正

重ね重ね、大変申し訳ございません。

開発の模様

どんな商品も出来てものは非常に美しく、綺麗にディスプレーされています。一方で裏方は地道な現場作業によって、技術開発、品質管理を行っています。


試作品のほんの一部。無残に、故障、というタグが貼ってあるものも。

試作基板に部品を載せている模様

試作段階では試行錯誤を繰り返すため、手で基板にパーツを載せて製作します。その後、回路、電波、ソフトウェアの試験を行いました。

電波試験の模様

Bluetoothは設計によって電波強度の性能調整が必要になります。新製品では新しい基板を採用しているため、電波性能を評価しています。実際には、実際に路上で電波が届く距離を計測をし、何度も調整を進めています。計測後は、日本、アメリカ、ヨーロッパ等各国の法的規制をクリアーするために認証プロセスを進めます。

生産準備の模様

ソフトウェア

ソフトウェアの開発はネインのメンバーが行っていますが、そのソフトウェアを一個一個書き込む作業を行います。この過程で、一つ一つ固有のアドレスを管理し、自社ソフトウェア、利用しているコーデック等のライセンスを管理しています。

製造

実際の製造、組み立ては一つ一つ流れ作業で行われます。お菓子工場など、何百万個も作るような大量生産はほぼ全自動で行われますが、イヤフォンの様に各メーカーデザインや仕様が異なるものを効率よく生産するためには、人手による流れ作業の方が生産効率が上がります。一方で、人的ミスを防ぐために、途中途中で検査工程があり、未然に問題を防ぐ取り組みが行われています。

最終的な品質確認を進めました

ネックバンドのつけ心地

これまで何度もご連絡した際に触れていましたが、非常にシンプルに見えるネックバンド。この商品開発では最も時間がかかりました。

理由としては、ちょうどいいつけ心地です。

微妙なカーブを描いていますが、柔らかすぎるとダラっとし、走ったときにイヤフォン部を引っ張って落としてしまう。硬すぎると、つけ心地が悪くなりますし、締め付けが厳しいと首が苦しくなる。

今回、3回サプライヤーを変え、素材を変え、試作を繰り返し、やっと求めるバランスにたどり着くことができました。


こちらは3社目のサプライヤーです。締め付けはまだ弱い段階のサンプル写真です。この後、強度を調整しました。

シャンパンゴールドの色

商品の特徴として金属調のアクセントをデザインしました。その色も黄色くゴールドすぎたり、逆にシルバーにしか見えないほどゴールドが薄くなったり、求める色のバランスを追求することに非常に苦労をしました。

サプライヤーに納得頂きながら調整を繰り返すのに苦労をし、結果的に別のサプライヤーに処理をお願いする形で生産以降を進める形となりました。


少しわかりづらいですが、こちらはまだ黄色が出過ぎて、ゴールド過ぎるサンプルです。

パッケージの最終チェック

パッケージの試作品の形ですが、先日チェックをした際にケーブルに圧力がかかる部分が見つかったため、断線防止手として最終調整を行い、仕上げを進めております。

音質のチェック

既に音質のチューニングを進めておりますが、下記ステップがまだ残っております。

  1. 専用機器、ダミーヘッドによる周波数特性確認
  2. 技術者による基本特性チューニング
  3. 第三者視点での音質評価

1、2は専門的な技術者による調整です。3のプロセスでは、専門家、関係者、一般の方含めて多くの方々に聴いていただき、調整を進めてまいります。

法的規制

こちらは商品を出す上で最低限必要なものになり、各国異なります。SMT装置という、基板にパーツを自動で載せる機械を使って実際に量産相当の試作機を製作。その上で、内部評価を行い、専門の認証期間によって検査されます。

iOSアプリから音声通知が実現できた!

組み込みアプリとの格闘

今回の製品は、Qualcomm社(Galaxy、Xperiaのチップを供給している会社として有名であり、Bluetoothデバイスのチップのほとんどを供給)のCSR8670というチップで開発をしております。

iOSやAndroidの様な整った開発環境ではなく、専門的な組み込みソフトウェア開発になります。iOS、Androidもそうですがソフトウェアには問題がつきものです。非常に多くのソースコードから成り立っており、よくわからない問題に、何度もぶつかることになります。特殊な開発環境のため、特にヒントもない中、一つ一つ問題をクリアーし、導入に向けて進めていきました。

その中で、このイヤフォン特有の機能である音声通知が実現できた瞬間は、チームとしても非常にうれしい出来事でした。

現在はそのソフトウェアを安定稼働させるため、最終試験、修正作業を繰り返しています。

最後の難関、アップル認証

今回、iPhoneにも対応するため、現在iOSアプリを準備して審査に進めています。

その上で、デバイスとの連携による審査は避けて通れないため、現在デバイスをアメリカに輸出する準備を進めている最中です。

そして、お届けへ

ネイン、工場含めて関係者一同、少しでも早いお届けに向けて進めて参りました。

極端な話、スマホのアプリ開発なら1人でできてしまいます。

色々、あきらめれば、もっと早くにできていたかもしれません。

ただ、皆様の心を少しでも動かす、支援した価値を感じて頂ける品質にしたい。

わかっていたことではありますが、一つ一つの部品に、一つ一つサプライヤーがあり、金型、塗装など関係者もさらに増えてきます。なぜそれが必要か、その品質が必要か、その色でなければ行けないのか。人なので、何度も作業を繰り返すと、お金ではなく感情的に動いてくれない部分も出てきます。さらに、国を跨げば価値観も変わってきます。

例えば、自分なら、服をタンスにぽいっと入れても、誰にも文句を言われません。ただ、自分が相手のことを思って一生懸命、洗濯物をたたんだのに。向きが違う、たたみ方が違う、端がずれている、もう一回洗い直して、等と何度も注意されるとやる気がなくなってしまいます。でも、商品づくりは、それを何度も何度も、毎日、違う部品、違う観点で伝え続けなければいけない。

弊社も予算が潤沢にあるわけではなく、何度も出張に行くことは難しい状況でした。ただ当たり前でメールでは難しく。現場で心を通わせるのに、時間がかかってしまったのも一つの原因ではあると考えています。

今回、ずっと付き合っている工場の担当者、上司、社長含め、我々や、皆様、関係者の思いを組んで、丁寧かつ、迅速に支援していただき、なんとかここまでは、たどり着くことができました。

これからまだ本生産に向けて準備があるため、気を緩めずに進めてまいります。あと少しでお届けが可能になります。今しばらくお時間いただく形になりますが、何卒よろしくお願いいたします。

本年は誠にありがとうございました。来年も引き続きご支援よろしくお願いいたします。

株式会社ネイン代表 山本健太郎

一目置いている“AmazonEcho”

前回のブログで「AIスピーカー」を簡単にご紹介しましたが

弊社が一目置いているのが「AmazonEcho」です!


Alexa対応端末の製品はAmazon EchoEcho PlusEcho Dot

アメリカではAIスピーカーの先駆者と言っていいほどで、3年前から発売されており世界の70%のシェアを占めています。

こちらは「Alexa(アレクサ)!」と話しかけます。

【特徴】
・音声だけでリモート操作できるスマートスピーカー
・音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなど簡単に音声操作
・遠くても離れていても7つのマイクで音声を聞き取ります
・Amazon Musicなら楽曲名、アーティスト名など指定して再生や、Alexaに選曲をおまかせもできます
・パワフルな360°全方向スピーカーで、クリアなボーカル、ダイナミックな低音を再現。
・PhillipsやQrio等からの照明、スイッチ、ロックなどのスマートホームのデバイスをコントロールできます
(製品説明ページから引用)

Amazonということで一声で商品の注文が可能!!

これはネットショップ最大手のAmazonだからこそのサービスであり、他のAIスピーカーとの違いではないでしょうか?
今や実店舗のライバルはネットショッピングです
ネットならボタン一つで家に届き、実店舗より価格が安くなっていることもあるなどネット社会の現代では必然的な流れなのだとは思います。

声だけで欲しいものが家に届くのが普通の未来になるのかもしれませんね

さらに、Alexaはクラウドベースの音声サービスで、話せば話すほど語彙が増えて話し方や好みを学びどんどん学習していくのだそうです!

Alexaを育てているような感覚を楽しめて愛着が湧きそうですよね!

AIスピーカー元年と言われた2017年でしたが、確かに電気屋さんに行けばお店の1番いいところにAIスピーカーが置かれていたり、CMがガンガン流れたりと一気にお茶の間への認知度が上がった年だったのではないでしょうか?

スマホが家電のリモコンになったり、外からでも家の中のものを操作できたりは今までもしていましたが、AIスピーカーが普及すれば本当にスマホ画面から解放されますね。

https://youtu.be/iHa8-uzWl60

こちらは14日に発売されたばかりのLINE Clova FriendsのCMです。

とても微笑ましい内容なのですが、やはり一つ気になっているのが外にいるお母さんがLINEを返すところです。APlayを使えばお母さんもLINEを音声で聞いて音声で返せます。

LINE Clova Friendsを使いお父さんは声でLINEを送るのが普通の未来なら外にいるときもハンズフリーでスマホから解放されていた方が安全ですし、いいのではないでしょうか?


APlayは音声でやり取りができるBluetoothイヤホンとして多くの人の生活に関わらせていただきたいです!
少しでも気になっている方、今回のAIスピーカーのニュースで知った方など、まずはイヤホンから始めてみてはいかがでしょうか?

ぜひ、APlay使ってみてください!!

2018年ヒット予測ベスト20の1位が…

毎年恒例と言って良い

日経トレンディ(日経BP社)が選ぶ「2017年ヒット商品ベスト30」&「2018年ヒット予測ベスト20」

が発表されましたね!

「2017年のヒット商品ベスト30」は、2016年10月から2017年9月の対象期間に発売された商品・サービスを対象にヒットの度合いを「売れ行き」「新規性」「影響力」の3項目に沿って総合判定されるそうで、2017年No.1ヒットは「Nintendo Switch」でした。

 
そして、注目なのは「2018年ヒット予測ベスト20」でNo.1予測の「マルチAIスピーカー」です!
これをきっかけにメディアでも多く取り上げられていますよね。

LINEとGoogleの2社が発表してじわじわお茶の間の認知度も上がってきているのではないでしょうか?

LINEが発表したのは「Clova

「Clova、音楽かけて!」

と話しかけるだけで音楽を流してくれたり、他にも

女の子:LINEを読んで!
Clova:はい、おばーちゃんからメッセージ「また遊びにきてね」
女の子:クローバーすごいね!
Clova:どういたしまして

という会話をするCMが流れて身近なものになりつつあります。

 

Googleが発売したのは「Google Home」

こちらも声で指示を出せます。もちろん話しかけ方は…
「OK,Google!今日の天気は?」
です!
機能的にはスマートフォンで使える「Googleアシスタント」のさまざまな音声認識機能+α

というのがその全容になるようです。

これはどちらもお家に置いて使うものですね。

しかし、APlayは首にかけておけて、外でも音声でLINEを聞けたり返信したりできます。
欲しい情報や知人との連絡を耳で聞いたり、声で家電を動かしたりする未来はもうすぐそこで、もしかしたら来年には当たり前になっているのかもしれません!

ちなみに!「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」にも「AIスピーカー」がノミネートされていました!

ぜひ、一足先にAPlayをゲットして体験してみてくださいね!!

Boosterクラウドファンディング開発状況 2017/10/28

Boosterイヤフォンプロジェクト で実施したプロジェクトについて、完成した商品お届けの時期が遅れておりご心配をおかけしております。少しでもご安心いただける様に、開発状況について可能な範囲で共有させていただくことにいたしました。

専門的な用語が多い内容ではありますが、仕事として進んでいる、ということをご承知いただきたく、できるだけ生の情報でお伝えさせていただきます。

開発スケジュールを年内ターゲットで再調整

当初7月量産をターゲットに進めていましたが、プロトタイプ開発遅れによって10月にリスケ。そこからさらに回路、機構など問題点解決によって作業が遅れ。金型製作に至るまでに時間がかかり過ぎたため、全体的に量産スケジュールが遅れている状況です。

下記ではT0がTest Production 0、量産試作となります。T1がTest Production 1、T0で出た問題点の修正。もしT1で問題が出たら再度T2、T3とやり直すことになります。MPが、Mass Production、量産となります。

T0、T1が終わったタイミングで池田菜々さん、大塚愛里さん、北澤舞悠さんにも最終型を確認していただき、量産に向けた仕上げ作業を行っていきます。

こちらが弊社社内管理しているスケジュールです。10月からスケジュールから遅れが判明後、現在弊社が調整しているスケジュールが年内の発送になります。一方で、11月のT0のタイミングから、最速で量産まで持っていくことができた場合のスケジュールになるため、まだ難易度の高いスケジュールになっています。

可能性が高いのが1月中ですが、弊社としても商戦期を逃す形になるため、会社として12月量産を進めたい意向で進めています。さらに、年末年始は休み、2月に入ると工場では旧正月があるため、年内にどれだけ詰め込める様に進めている状況です。

T0試作確認項目

色、質感

色、素材の質感は実際に量産品質を見て詰めていきます。イヤフォン部の金属質は、設計当初から非常に難航しており。実際に工場で出来たものの品質確認をしていきます。

音も実際に量産金型からできたものをベースに、どんな出方がするかを確認していきます。2回めのプロトタイプではボトムのふくよかさが弱かったため、機構部分に修正を入れ、次のT0で再度音質確認作業をします。

ソフト

iPhone、Androidとの接続性をチェックし、想定している動作がきちんと動作しているかを確認していきます。

不良予防

量産する場合、人による作業も多くあります。作業ミスをできるだけ防止する設計になっているか、利用のされ方によって断線などが起こりづらい構造になっているか、などの最終確認を進めていきます。

問題

赤が残っている問題です。モノづくりは非常に多くの問題が生まれ、商品として問題なくなるまですべての課題を確認し、最終段まで進めていきます。上流工程、設計時点である程度問題点は潰しているものの、実際使用した場合にわかる問題点も多々あります。機構、回路、ソフト、デザイン、あらゆる側面から解決法を探り、解決していきます。

2点ほど問題例を共有いたします。

問題例1 機構干渉

機構的な、細かな干渉部分の設計確認を行っています。金型製作時にはデータ上だと判明しづらい部分を、工場、日本の設計者、デザイナーで分担して確認を進めています。

問題例2 ケーブルの質感

走った際のランニング中のフィット性が悪い部分の調整。首元の固さが充分ではないため、首元での安定性が悪い。元々シリコンのケーブル内に形状記憶合金ワイアーを入れていましたが、コスト、スケジュール面で調整が難しいことがわかりました。現在は、TPE、柔らかいプラスチック素材を使って、安定性向上を進めています。

首からコントローラー部分のケーブルの長さによって、イヤフォン部分が引っ張られるケースがあり。安定性を向上するため、ケーブルの長さの調整を行っています。

新しく確認しているネック部分の素材、長さの確認用サンプルです。

さらに、イヤフォン部分の安定性をつくる上で重要なイヤーウィング部分のデザインです。こちらも他社特許、製造コストなどを考慮し、形状を確定しました。

今後について

重ね重ねになりますが、1日でも速くお届けできる様に開発を進めております。直近のマイルストーンとしては、11月13日にT0の確認作業、修正作業を行います。そのタイミングで次のマイルストーン、量産スケジュールが達成できるかを見極めることができるため、改めてその状況をお伝えさせていただきます。

だめ!絶対!STOP歩きスマホ!!

 

早いもので2017年もあと2ヶ月になりつつあります。
これからますます寒くなっていき、モコモコいっぱい着込んだりいろんなものを装着して出かける時に便利なのがAPlayというのは以前のブログでもご紹介させていただいております。
年末年始に向けてクリスマスとかお年玉とかでプレゼントをあげないといけない場面も多くなる時に、老若男女に便利なAPlayがオススメというのも以前のブログでご紹介済みです。

さて、まだAPlayを使ってない方、買おうか悩んでいる方、そもそもAPlayとか知らないけどBluetoothイヤホンでどれにしようか悩んでいる方などなどいらっしゃるとは思いますが、そんな方にもっとリアルに生活の中にAPlayがあったらどんなに便利なのかを想像していただけるように、How to動画がありますので、自分が使ったらどう活用できるかな…?なんて妄想しながら見ていただけたらと思います。

LINE編

ちなみに、音楽再生時はメッセージを読み上げたあと自動的に音楽の続きが再生されますのでご心配なく!

Twitter編

動画のようにニュースアカウントを利用するもよし、好きなアイドルや俳優さんのアカウントだけ聞くもよし、なんか心に響く言葉のつぶやきを聞くもよし、音楽を聴くようにつぶやきも聞き続けられます。

音楽編

この3つだけでも生活でよく使いますよね?スマホを取り出さず首にかけたイヤホンだけでできればこんな快適なことはないと思いませんか?
他にもAPlayを便利に使うためにわかりやすく動画にまとめていますのでぜひご覧ください!

今朝、ハワイでは歩きスマホ禁止令が施行されたというニュースを見ました。
一方で中国では、歩きスマホ専用レーンなるものが登場したり、ドイツでも踏切の道路に信号が埋め込まれたりと世界共通で歩きスマホの危険性は問題視され、対策が取られているようです。
目から得る情報は約8割。そんなに重要な情報源をスマホに持ってかれて歩くなんて危険すぎます!
「命とスマホ、どっちが大事ですか」なんて広告を駅でよく見かけますが、本当にその通りだと思います。

APlayもスマホからの解放を目指し、多くの方に使って頂きたいと思っております!

映画『TIME』を見た!!(※ネタバレあり)

お久しぶりです!の未来シリーズ第4弾です!!

未来シリーズ第1弾〜3弾はこちら↓
※ドラえもんのひみつ道具!!
※劇場版『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の中に見た未来
※「未来」がテーマの名言集めてみました!

ということで、今回は2011年に公開された映画「TIME」を見た!です。

 

あらすじ

人類の成長が25歳でストップし、〈時間〉が〈通貨〉となり支配する世界、貧困層が住む〈スラム・ゾーン〉では、余命(時間)は労働により稼がなければならなかった。〈富裕ゾーン〉の人々は贅沢な生活に永遠の命を無駄に費やしていた。ある日、ある男から100年の時間をもらったことで殺人容疑をかけられた貧困層の青年ウィルは富裕ゾーンへ。大富豪の娘シルビアと出会い恋に落ちるのだが、間もなく時間監視局員レオンに追い詰められてしまう。逃走する2人が向かう先は…

なぜ今更、この映画を見たのかと言いますと弊社のCEOに勧められたからなんです。

Aplayと時間はやはり切っても切り離せないテーマでありまして、この映画では本当の「時は金なり」もっと言うと「時は命なり」なんですね。

25歳になると突然左腕に刻まれるデジタル時計のような時間。そして、容姿は25歳でストップ。
だからお母さん・奥さん・娘の違いがわかりません。わかりやすいように「25歳何年目?」なんてセリフがよく出て来ます。

家の家賃を払うのに2日分の時間(寿命)、バスに乗るのに2時間分というように時間は通貨であり自分の寿命を支払って生活しているのです。そしてお金のように、時間は仕事をして稼ぐものなのです。

腕と腕を組み、捻ることで人から人に時間(寿命)をあげたりもらったりもできます。だからこそ、富裕層と貧困層の住むゾーンを分けないと時間を力づくで盗む人たちが出て来て、時間を持っている人の命が削られるのです。

さらに、死なないということは人口が増え続けてしまうということなので、政府は税率を上げギリギリの時間で生きている庶民を苦しめます。
その結果、主人公の母親は値上がりしたバスに乗れず走って帰るのですが、息子の目の前で時間切れになり亡くなってしまいます。

そこから主人公はこの貧困層と富裕層の格差を生んでいる世界のシステム自体の破壊を目的として動くのですが、映画のテーマとしてはこういった「格差問題」や、あとはいかに人生を全うして死ぬか?という「生き方」を考えさせられるものなのだと思います。

映画の中でもよく出てくる、命のカウントダウン。
本当に目に見えてしまったら怖くてしょうがないですよね。

しかし、現代では見えないことがいいことでもあり、悪いことでもあると思うのです。

もう一つ最近見た「君の膵臓を食べたい」という映画があります。

こちらは膵臓の病を抱えた余命いくばくもない少女と冴えないクラスメイト・僕の話なのですが、最後のどんでん返しとして少女は病気ではなく通り魔に刺されて命を落とすのです。

結局、病気だろうが健康だろうが人はいつ死ぬかわからないということなのかもしれません。

私は個人的には「今を生きろ!」という言葉があまり好きではありません(笑)
うまく今を生きれなかった時「何やってたんだろう」ってなってしまいそうだからです。

しかし「いつかやろうは馬鹿野郎」です!!

現在のテクノロジーや医療では不老不死はありません。
有限な時間をどうやって生きるか…
どんな仕事をして、何をして遊んで、誰に会って、何を残すか…

私たちは考え、行動することをやめてしまってはダメなのです!!

人生の時間についてもう一つブログを書いているのでぜひこちらも読んでいただけると嬉しいです。
※人生の時間の使い方

最後にやる気スイッチを押してくれる曲(タイトルで決めました!)をご紹介します!
乃木坂46「いつかできるから今日できる」

ぜひ、紹介した映画も見てみてください!

そして、APlayを使って時間を有効に使ってください!!

Bluetoothイヤホンと一緒に使いたいグッズ

cheero CLIP Light CHE-318-SET

片耳でイヤホンを使いたい時、Bluetoothイヤホンだとつけてない方のヘッドの重みでもう片方も落ちてしまうことがあります。
しかし、片耳で聴きたい場面は多々あって悩ましい問題でした…
そこで、以前twitterでAplayユーザーの方に教えていただいたグッズ「cheero CLIP Light CHE-318-SET」が大活躍なのです!!
ヘッドのマグネットを服につけたcheero CLIP Light CHE-318-SETにピタッとつければ、もう片耳でもずれ落ちる心配もなし!!
デザインも丸くて可愛いし、色もカラフルなのでその日の気分で使い分けるのも楽しそうです♪

 

NITEIZE ギアータイ


こちらはBluetoothイヤホンをかばんなどにしまう時に使えるグッズ!
針金が入っていて自由にひねったりできるのでBluetoothコードをまとめて収納できます!
家ではこのグッズをラックなどに引っ掛けておいて、そこにイヤホンをかけるのもあり!!
4本入って500円以下というコスパもすごいです

100均イヤホンケース

ダイソー・キャンドゥ・セリア…100円といっても機能性とデザイン性の高い商品が各社から発売されてるのですが、今注目されているのが100均のイヤホンケース!!
ダイソーのものは中に小さなポッケもあって充電器まで入ると話題です。カバンに入れても潰れないところも強み!
キャンドゥはダイソーのものより小さめですが、シリコン性なので水や熱にも強く、逆に自由に形が変わるという利点もあるようです!
イヤホン以外のものも入りそうなので何個持ってても良さそうですよね!
http://ur0.work/GcCc


まだまだBluetoothイヤホンと一緒に使える便利でオシャレなグッズがあるはず!!引き続き探してご紹介していきたいと思いますが、皆さんも使ってみていいグッズがあったTwitterやinstagramで#APlayをつけて投稿してくださいね♪

こんな人にも使って欲しい!短編集その2

イヤホンジャックが消えて…

本日はiPhone8の発売日ですね!
ビックカメラに行ったのですが店員さんも多くお客さんも興味津々でとても賑わっていました。

iPhoneは7からイヤホンジャックがなくなったことを皆さんご存知でしたか?

私はこの間、友人がイヤホンが使えなくなったから買いに行きたいと言うので買い物に付き合った時に、そのことを知りました
その友人が使っていたのはiPhone7に付属しいているイヤホン。

その友人はiPhoneのLightningコネクタに挿して使うタイプのイヤホンを探しに行きたいということでした。
結局、軽く探したのですが見つからず、買わずに終わりました。

その時は「iPhoneって今そうなってんだー」くらいの気持ちでいたので忘れていたのですが、別れてから「Bluetoothイヤホン勧めればよかったー!!」と後悔しました。

しかし、数日後その友人から連絡がきて

「Bluetoothイヤホンにしたいんだけど、どれがいいのかな?」

と聞かれたので

もちろん、APlayをお勧めしました◎◎

iPhoneユーザーにも使って欲しいのです!!

あめふるコール!!

みなさん、雨男ですか?雨女ですか?

出かけるときに雨が降りやすい人なんて本当にいるんでしょうか?

まぁ、そんな雨男・雨女さんでも雨に降られないようにできるアプリが

こちら↓↓

カエルが可愛い、「あめふるコール」です!!

1時間おきの降水量をチェックでき、1時間以内に雨が降りそうだと通知で教えてくれるアプリです。
会社を出る前、洗濯物を干しっぱなしで出かけるとき、雨が降るかわかれば大助かりですよね!最近ではJアラートが話題になっていたり、地震速報や津波速報など私たちの命に関わるものも多いです。
ただ、いつも突然でびっくりすることも多いのが通知…
APlayを日頃から使っていると通知の読み上げやメッセージのやりとりなど耳で情報を得ることに慣れてくるかもしれません!

ぜひ、日常にAPlayを!!

深海展

先日、上野の国立科学博物館で開催されている「深海展」に行ってきました。

その名の通り深海の生き物を展示しています。
基本的には深海の生物は地上に来てしまうと水圧の変化で生きていられないので標本になっていて、生きている姿は映像で見るという感じでした。

深海とは…

水深200mより深いところを指します。今では水深12000mくらいまで研究がされているそうなので、人間は海の本当に上の方だけでバシャバシャやっていることになります。

太陽光も200m以上深くなるとほぼ人間の目では感知できなくなるようなので、それより下の深海の世界は真っ暗ということです。
そこで生きている深海生物たちは約9割が自らが発光することができるそうです。
あとは、太陽光がないと生物は光合成ができないため食料が極端に少なくなり、絶食状態でも生きていける生物が多いのも深海生物の特徴だそうです。

その中でも驚いたのは、シダアンコウとデメニギス!!です!!

シダアンコウはチョウチンアンコウの仲間であり、よく深海魚で想像できる頭に提灯がついていてゆらゆら光らせる生物なのですが、その泳ぎ方が斬新で、逆さまに泳いでいるのです!!
魚が逆さまだともうダメか…と思ってしまいがちですが、彼らはわざと逆さまに泳いでいるのです。

長い提灯部分を海底スレスレに釣り糸のように漂わせ獲物を狙うのだそうです。
最初は「すごい!」と思ったのですが、よくよく考えてみると「じゃあ、提灯は体の下につけられなかったのか?」と思います。きっとシダアンコウも逆さまに泳いで「これでいける!」と思ったのでしょうか?

見た目はグロテスクでもそう考えるととても可愛く思えてきます(笑)

もう一つの人気者はデメニギスです!

どこが目だと思いますか?

実は……頭の空洞のドーム部分の中にある緑っぽい円形のものが目なのです!!
中は液体で満たされていて目は守られている状態のようです。

このように深海という過酷な環境で生きていくために深海生物たちは色々と体を進化させて生きてきました。

それを人間に置き換えると、大切なことは忘れずにどれだけ便利に生活が進化していくか?ということだと思うのです。

人とのコミュニケーションは劣化させず、その方法は便利で迅速に
人間も深海生物たちに負けないようにあっと驚くような進化をまだまだしていかないといけないですね!

みなさんの、その変化と進化の第一歩になりたいAPlayです。
まずはイヤホンから変えてみませんか?