APlayの音質について、言いたいことがあーるー

こんにちは。ネイン代表の山本です。

メンバーが店頭で商品を販売する際に、

音質はいいんですか?と聞かれたり。

NA1とNA1Lでは音質がどう違うんですか?

と聞かれることも多く。

音質については個人差があるので、聴いてもらうのが一番早く。
そのために店頭展示しているのですが、
Bluetoothイヤフォンはトライするのが大変なので。

参考までどういう考えでチューニングしたのか、
新モデルも含めて考えを書かせていただきます。

ちなみに、下記は私のイメージですが、
メンバー全員も意見言い合ってバランス取ってますので。。

考え方

音楽も音声が心地いい

が基本的な考え方です。

通勤・通学中に音楽を楽しみつつ、
ニュースや乗換情報、メッセージを聞ける。
というユースケースを想定しています。

おさらい

現在下記の3モデルの開発がラインナップとしてございます。

2016年9月発売 APlay (NA1)

2016年11月発売 APlay (NA1L)

2017年夏発売予定 新APlay (クラウドファンディング実施中)

2017年夏〜秋発売予定 APlay Pulse(仮称)

APlay Pulse Pink

どういったコンセプトで音質調整しているか

NA1 ~ ひと言で言うとクラブ

NA1は山本が好きなので。毎日使ってるやつですね。
技術的には8mmのダイナミック・ドライバーなので、NA1Lと比べると余裕があり。
ダブステップとか、EDMが好きな人には合っているはず。

音声

チューニング・リファレンスに聴いていたのが、リアーナのWork (feat. Drake)です。
最初のプロトタイプで、たまたまこの曲を聴いていたんですが。
ボトムの出方がしっくりこなかったので。ずっとこれに合わせてチューニングしてました。
このダンスホールな低音は、やりすぎると割れてしまうので、苦労しました。

そこでチェックした後、
デヴィット・ゲッタのTitanium (feat.Sia)を聴いて。
という交互でやって、気持ちいいところを探してました。

ギターの粒と、ボーカルの伸びがあって。音サビのときに高揚するか、っという感覚的なものですが。

結果的に、ボトムがふくよかになり。その分、高音は控えめなのですが。
ガリッとしたEDMも高音というより、中低音がしっかり支えて迫力もって聞けるので。

音声合成

また今APlayで使っている音声合成が、ちょっとハイエンドがガリッとした音なので、
このチューニングだと、少し滑らかになります。
なので、私的には、毎日NA1使ってます。

NA1L ~ひと言で言うとトロピカル

NA1L。これは、熊谷が毎日使ってますね。
6mmのダイナミック・ドライバーですがパワーがあり。中高音が鳴ります。
軽快なノリが好きだったり、ギターの粒立ちが好きな人に合っていると思います。

音楽

たまたまこの時期トロピカル・ハウスにはまっていたというより、
Justin Bieberのサウンドにはまってて。

Sorryの、軽快に鳴って楽しくなるような、そんな音作りを考えてました。
なので、”Hey!”って掛け声が、スコン!って頭に響くところがポイントで。
パーカッシブな粒と、”Hey!”の鳴りばっかりチェックしてました。

その後にチェックしたのが、Love Yourselfのギターですね。
スネアっぽく響くギターのタッチ、”カッ”って音が粒でなっているか。
ギターのふくよかさよりも、エレキっぽい粒の方を重視して聴いてました。

ジャスティン・ビーバーのビデオはどちらもかっこいい!

ネインメンバーに、プロのバックで踊っているダンサーがいるのですが。
この二人のバックグラウンドとか色々教えてもらいました。

低音が強いNA1は女性ボーカル+低音、高音が強いNA1Lは男性ボーカル+リズム、と、
いいかんじにバランスとれている気がします。

音声合成

比較的高音が強いので、音声合成はキレッキレな音になります。
しっかり騒音下でも音声案内をチェックしたい方は、
NA1L軽快に聞けると思います。

NA2 ~ひと言で言うと洋楽ダンス・ポップ

でもって、今クラウド・ファンディングを進めているものは、、
6mmダイナミックのドライバーです。でもさらにパワー感があり。

音楽

まだまだプロトタイプなのでこれから詰めていくのですが。
リファレンスにしているのが、The ChainsmokersのParisです。
粒立ちを意識しているのはNA1Lに近いですが、さらに低音の押しもパワーアップさせます。

エレキギターのリフの鳴り、二番から入るドドン、パッというリズムもアタックと弾け感。
後半のシンセのウォールな感じ。このバランスを絶妙にするように調整していこうかと。

そこに加えて、ブルーノ・マーズのThat’s What I Likeなんかのシャープなシンセ・ブラス。
艶っぽいハスキーなボーカルまでぐっと来るようにしたい。

音声合成

中低音と中高音の粒立ちよくすることで、音声合成の声しっかりとした声になるので。
NA2はNA1とNA1Lのいいところどりをする感覚になってきます。

APlay Pulse ~ひと言で言うと東京ディズニーランド

これは、APlayの中でも一旦ひとつのゴールに行こうと思って開発しているものです。
ステレオバージョンでは音楽も楽しめるのですが。
私たちが押したいのはモノラルバージョン。
これは小型なので、6mmのダイナミックです。

音楽

モノラルに関しては、音はBGM的で。
あまり深く入り込まない音を考えています。

音声合成

音楽を聴いていない時間、つまり日常的に生活したり、仕事しているときに、
常に耳元にデバイスがある。。
そんなものにしたいと思って開発しているので、全然考えが違います。

聴こえ方として一つ目指しているのが。
東京ディズニーランドのアナウンスです。

さらに言うと、ボーイング787のアナウンスも、聞き心地がいいので。
あまり詰まった感じにしたくないとは考えており、現在絶賛開発中です!

新APlayはクラウド・ファンディング実施中

ちなみに、NA2は開発を進めるための資金として、
ガールズアワードとコラボしてクラウド・ファンディングを実施中です。
是非、応援よろしくお願いいたします!

NA2 cloud funding at booster

(Visited 139 times, 1 visits today)

ABOUTこの記事をかいた人

Founder of Nain Inc. 株式会社ネインの代表です。何かしナガラでも情報とツナガルことで、情報の流れを変え、時の流れを変えます。移動しながら、ニュース、天気、メッセージを聴き、返信できるスマートイヤフォン『APlay』を開発しています。